在庫管理システムを導入する

多くの小売店の悩みの一つが如何にして在庫を管理するかということです。今回はそんな悩みを抱えた小売店の方に向けて、在庫管理システムについて記載します。在庫管理システムを導入するメリットは何と言っても簡単に現在の在庫状況を把握することが出来る点です。そのため発注などの際に余分な発注を避けることが出来、企業の経費を抑えることが出来ます。またどの商品がよく売れているのかということも簡単に把握することが出来るので、売れ筋商品の把握や売れない商品の把握の際にも役に立ちます。在庫管理システムと聞くと、単に在庫を管理するだけのシステムに感じる方も多いですが、実際は違います。商品の売れ筋状態を把握するのにも役に立ちます。そのため少しでも効率的に営業をしていきたいと考えている小売店の方は導入を検討すると良いです。

リアルタイムの管理が可能な在庫管理システム

インターネットや通信などが高度化することでいろいろな場所の情報を一つの場所に集約できるようになりました。スーパーではそれまでは各店舗ごとに情報を管理していましたが、今はすべての店舗の情報を本部に集めることができます。効率的な経営を実現しています。在庫管理システムで求められているのはリアルタイムの管理ができるかです。店舗の在庫、倉庫の在庫、その他配送中の在庫などの状況を逐一知ることができる仕組みです。今会社にある在庫がどうなっているかをその場の時点で把握することができます。リアルタイムに知ることができれば店舗ごとに商品が不足している、過剰になっているときに融通しあうことができます。ある店舗では多いので少ない店舗に移して販売するなどができます。配送中の情報などがわかれば途中で配送先を変更したりすることができます。無駄も減らせます。

在庫の評価を選べる在庫管理システム

企業では決算の時に在庫の確認を行います。実地棚卸として基本的には人が一つずつ目で確かめる必要があります。基本的には帳簿状に記録されているでしょうが帳簿では把握できないところがあります。紛失であったり劣化しているものなどもチェックします。在庫管理システムは帳簿上の記録をするのに役立てます。実地棚卸はそれほど頻繁には出来ませんがシステム上の記録であればその都度情報を知ることができます。この時に使いたいのが在庫の評価です。仕入れた金額と個数などから計算することになります。在庫の評価方法は、事前に届け出をする方法を取ることになります。企業の業務が変わってくると在庫の評価方法を変えた方が在庫を少なく見せられることがあります。在庫が減れば原価が上がり利益を減らせます。利益が減れば税金が減るので現金の流出を少なくすることができます。