冷凍車を利用するメリット

一昔前までは冷凍食品や生もの等の運搬は所謂2トントラック等の荷台に乗せ、常温のまま配送していました。しかし、それでは商品の品質が落ちてしまい、商品の価値が低下してしまいます。お店にとってこの問題は致命的であり早急な解決策が求められていました。そこで登場したのが荷台に冷凍庫を付けた冷凍車です。荷台に冷凍庫が付いたトラックなので商品を工場出荷時の状態のままでお店まで運ぶことができます。そのため冷凍食品や生もの等の高度な品質管理の求められている商品を高品質のまま遠くまで運ぶことが可能となりました。これが冷凍車を利用するメリットとなります。そんな冷凍車を利用する場合は通常のトラックによる配送より金額が増してしまいますが、商品の品質を守るという観点から高度な品質管理が求められている商品配送をする場合は利用すると良いです。

冷凍車は日本のおいしいをサポートしています

日本の食文化、食べ物に関する常識は世界トップクラスのレベルに達しています。食文化の歴史も高く、高級食材から高級料理の提供は一般大衆の間にも手のとどくほど一般化しています。500円程も出せば十分美味しい食べ物が食べられる社会は明らかに豊かと言えます。その豊かさをサポートしているものは何かといえば、冷凍車といっても過言ではありません。冷凍車が存在しているからこそ、地方遠方、海のもの山のもの等の新鮮な食材を鮮度をある程度保ったまま食卓に提供することができます。外食産業の今日の普及・発展はこの冷凍技術、冷凍搬送技術が整った現代社会ゆえに実現しています。この画期的システムに気づいた時に、美味しいものに対する感謝は技術への感謝に代わり、技術者や自分以外の多くの人々、働く者たちへの感謝すら芽生えてくるでしょう。

冷凍車の知られざる仕組み

冷凍車とは何かについて書いていきます。冷凍車とは冷凍された商品を運ぶためにトラックに冷凍機をつけその上でトラックの荷台自体を断熱構造にした車です。ふつう冷凍車は商品をこうらせるほどの能力は無く、冷凍した商品を溶かすこと無く、届けるために使用します。だから凍らせるわけでは無く、温度を変えずに運ぶため「定温輸送」と呼ばれています。また冷凍する仕組みは大きく分けて2種類あります。一つ目は、冷凍機本体にエンジンをつけて動力源にするという方法です。この方法だと車のエンジンの調子に関係無く動かすことができます。そのため温度を一定にたもつことができます。二つ目は車本体のエンジンを動力として利用する方法です。この方法は直接冷凍式とも言います。この方法は冷凍機本体にエンジンをつける方法より軽くなるためトラックの燃費が良くなります。