方法とは

私の会社では、朝、会社につくとすぐにタイムカードを押します。
営業で外出するとき、営業から帰ってきたとき、帰る時に全てタイムカードを押して、勤怠管理をしています。
タイムカードでの勤怠管理は一般的だと思いますが、以前勤めていた会社では、パソコンを使って、イントラネット内で勤務時間を入力し、勤怠管理をしていました。
大きな会社だと、入室する際に、IDカードをセキュリティにかざす必要があり、その際に入室・退室時間が記録され、勤怠管理ができる会社もあるようです。
また、最近のタイムレコーダー(タイムカードを入れる機会をこう呼ぶんですね)は進化していて、USBメモリにデータを移してパソコンで集計出来たり、そのデータをそのまま市販の会計ソフトに移して使用出来たりするものもあるようです。
まあ、私の会社は、昔ながらの時刻だけが印字されるタイプですが。
パソコンが一人一台ない会社ですし、会計の責任者がパソコンを使えない人なんでしょうがないですが、こういう最新の勤怠管理には少し憧れてしまいますね。

最近の事情

勤怠管理といえば、タイムカードがすぐ思いつきますが、これだと大雑把な管理しかできないような気がします。
自分の経験した職場だと、押し忘れもあったし、他人に頼んで押してもらうこともできました。
また、自分の時計と時間がずれていて、ぎりぎりセーフのつもりで滑り込んでも、遅刻の時間になっていたこともありました。
最近では、勤怠管理システムとして、より確実な方法がいろいろと開発されているようです。
個人を識別するICカードや指静脈を利用して社員の出勤、退勤を記録し、残業代を含めた給与計算を自動的に実施しているところもあったり、インターネット上で勤怠管理システムを一元化して、変形労働やフレックス等さまざまな労働時間管理の方式を自由、かつ、きめ細かく設定するようなシステムもあるようです。
特に、パート・アルバイトを多数抱える小売業から、複雑なシフト管理・コスト管理を必要とする製造業・サービス業などは、外部に委託したり、最新のソフトを導入したりと人件費、管理コストの削減を考えて、様々なシステムを導入しているようです。