会社の方法

会社により様々な勤怠管理方法があると思います。
具体的にはPCのロータスノーツ起動時間での管理や会社の入出門の時の社員証での管理、アルバイト等でよく見られるタイムカードを通しての管理や、またはまったくそのような記録を残さず、自己申告のみで管理している会社もあると思います。
私の勤務している会社では、入出門時に社員証を読み取っての管理をしていますが、元々はPCのロータスノーツの起動時間で管理していました。
しかしノーツの管理だとノーツを立ち上げないで仕事をする人がいたため、入出門管理となりました。
ある時期労働基準監督署の査察が入り、出退勤管理が厳しくなりました。
いわゆるサービス残業をしていないかのチェックが厳しくなったのです。
実際に部下にサービス残業をさせている上司は処罰を受けます。
このようなに社員の勤怠時間を厳しく管理している会社は、入出門時の社員証の読み取りで管理している会社が多いように感じます。
社員の勤怠管理が簡単になるツールがあります。
これさえあれば事務の方の作業も楽ちんになりますね。経理ミスも減ります。

新しいシステムを導入したわが社

私が現在勤務している会社は、大変体質の古い会社です。
社内の設備も、最新のものと比較してかなり古い型のものを継続して使用しています。
大変業務効率が悪いと従業員からは評判が悪い点がたくさんあります。
そんななか、昨年から導入した新しい勤怠管理システムはわが社としてはかなり最新のシステムだと感じます。
会社に出勤した際には、自分のパソコンを起動して、所定の処理をすると、自動的にサーバーに出勤時間が記録されるようになっています。
また、有給届や出張願いなどといった勤怠に関わる情報をほとんどすべて自分のパソコンから専用のソフトを利用してサーバーに記録するシステムとなっています。
また、帰宅時間にはこれも所定の操作をすれば、自動的に記録がなされ、残業時間が同時に記録されます。
この時間がそのままわが社の給与システムに記録され、自動的に残業料金を計算してくれるシステムとなっています。
かなり使い勝手が良く、煩雑な手続きが不要となったので、大変重宝しています。