ITの時代

勤怠管理を未だ手書きの勤怠表やタイムカードで行っていませんか。
それはもはや時代遅れで、無駄の多い作業です。
今は勤怠管理もIT化する時代です。
IT化により勤怠時間の集計が不要になり、作業時間をカットして事務効率をアップさせることができます。
IDカードやネットを通じた勤怠管理システムは、事実と異なる時刻の記入や代理打刻などができなくなるので、遅刻をしていないと偽ったり、してもいない残業をつけるといった不正行為を防ぐことができ、正確で公正な勤怠管理ができるようになります。
また、社員の勤怠状況がリアルタイムで把握でき、かつ、履歴もしっかり残るので、長時間労働が嵩んでいるなど、労働環境に無理が生じていないか、1人に仕事が集中していないか等をチェックし、適正な人事配置や職場環境の改善にも役立てることができます。
また、システムには最新の労働法に基づいたルールが盛り込まれているので、コンプライアンスに則った、労働時間の管理や給与計算がしやすくなるのもメリットです。

クラウドシステムについて

勤怠管理にクラウドシステムを導入する企業が増えています。
その事例としては、AM9:00から始まる会社の場合であれば、AM9:00前に出社したら自分の会社で使用するPCを起動させて、そのPCからネット上の自社の勤怠管理システムにアクセスして、そこの出社のボタンを押下するといった仕組みにしていたりします。
ただ会社にある専用端末からしか、そのクラウドシステムをアクセス出来ないシステムを取る必要があります。
もし自宅からでも勤怠管理システムにアクセスすることが出来れば、出先等から出社のボタンが押下されて厄介だからです。
そして、ネット上のクラウドシステムで勤怠管理を行うことによって、上司が直ぐに従業員の勤務時間を把握できたり、給料計算のための資料にすることが可能となります。
24時間営業の会社等では、夜勤の管理からシフトの管理までも行うことが出来て、バラエティに富んだ管理を行うことが出来て、確実にメリットが大きいです。
従来は、会社に専用サーバーを設けて管理する方法もありましたが、多くの社員が居る場合にはデータが拡大化して、管理する容量が足らない場合やデータ消失の危険といったトラブルがありました。
しかし、最近は割安で専用サーバーをレンタルすることが出来る様になったため、別段そういった問題をクリアできて、ネットを介して活用する勤怠システムがクラウド化され普及しています。