種類

勤務先の勤怠管理にはどのようなソフトを使っていますか?勤怠管理というとまずイメージするのはタイムカードですね。
これは職種にももちろんよりけりなんですが、ホワイトカラーの職場ではあまり使いにくいものでもあります。
出勤時、退勤時にカードを通して、それがカードに記録され、それを締め日に合わせて読み取る、というものです。
一方ホワイトカラーの勤怠についてはここ数年変化が大きくあります。
まず、パソコン関係ですが、このパソコンのスイッチをオンオフすることで勤怠管理をしようというものです。
内勤業務が多くなりつつある企業形態が多くなっていますので、わざわざ出勤時、退勤時にカードを通すという無駄な時間を割くよりも常日ごろ使うパソコンをそのまま勤怠管理をしようというものです。
それ意外の職種ではサイボウズというソフトを使用する企業も増えています。
このサイボウズはAndroidやiphoneからも勤怠登録ができてしまうという優れものです。
わざわざタイムカードのような読み取り機も作る手間、コストがカットできるというのが最大のメリットです。

必要性。

各会社さんでの従業員の勤怠管理のやり方は、きっとそれぞれのやり方があるかとは思いますが、どちらにしても勤怠管理は重要な仕事の一つかと感じています。
雇用方法が、アルバイトでも正社員でも社会人としての自覚を持つためにも、勤怠管理をすることによって、人数の把握や仕事の役割の大切さを認識しなければ、仕事が効率化させることはできません。
まず会社についてやることは、みんな一人一人決まっていると思います。
誰かが無断で欠席したり、遅刻をすることによって、誰かがその人の分の業務を代行しなければいけませんし、負担がかかる分、残業が増えてしまったり、自分の仕事が優先的に片付けられない状態にもなりかねませんよね。
社会人、会社に所属している以上は、責任感を持っていかなければいけないのは当たり前のことだと思います。
そういった意味でも、勤怠管理を上司が管理するだけではなく、理想としては各自自分自身で管理するくらいのやり方の方が、自覚が生まれるかもしれませんね。